胸を揉んでマッサージを繰り返すことが大きくなると言われていますが、その時に注意しなければいけないのは、胸を強く刺激しないということです。胸にはクーパー靱帯という美しい形につり上げている支えがあるのですが、強く刺激を繰り返すことでこの靱帯が伸びきってしまうのです。
クーパー靱帯か伸びきった状態は、バストが下に垂れてしまう形が崩れた状態になってしまうのです。この状態にならないためにも、バストへの刺激は下から上にゆっくりとする事です。